使い勝手が抜群で持ち歩きたくなるA4サイズの紙袋

Carrier bag

A4サイズの紙袋が大人気!デザインや素材も豊富

使い勝手が抜群で持ち歩きたくなるA4サイズの紙袋

紙袋

利便性が高い!A4サイズの紙袋が持つ特徴

A4サイズの紙袋が最も使いやすいと感じるのは、働いている人でしょう。
多くの書類はA4ですので、それらの書類を入れて歩ける紙袋は、あるとすごく役立つ時があります。
仕事先で書類をいただいたりする場合も、A4サイズの紙袋があれば困りません。
今は多くの書類がA4サイズですから、働いている人だではく、多くの人にとってA4サイズの紙袋は使いやすいと感じるサイズでしょう。

紙袋のデザインを決める際のポイント

その紙袋を持って歩く人にとって、持って歩きたいデザインであることが大切です。
つまり、使う方の性別や年齢層をある程度正確に予測しておくべきです。
大抵のケースで無難なのは、シンプルでおしゃれな紙袋でしょう。

紙袋は大量注文がお得!

紙袋の製作を初めて注文する時には、少ない枚数でお試ししてみたいと思うでしょう。
けれど、コスト面と考えますと、紙袋を注文する時には大量注文をおススメします。その理由はお得だからです。
多くの物がそうですが、紙袋もやなり大量注文をするとお得になります。

紙袋に使われる人気の素材TOP5

no.1

多くの方が好む高級感もあるコート紙

今、わりと数多く見かけるのがツヤツヤしていて、ほどよく高級感もあるコート紙で作られた紙袋でしょう。
ツヤツヤしているのは、紙の表面に塗料が塗られているからですが、塗料を塗ったせいもあり、厚みもあって丈夫です。
コート紙の紙袋はクラフト紙で作られた紙袋に比べて、しわがつきにくく丈夫です。
プリントした色もキレイに発色しやすい紙質なので、柄に凝るのも楽しいでしょう。

no.2

暖かい感じがする茶色クラフト紙

この茶色クラフト氏は最も低コストなのですが、自然な暖かみがあって好きだという方が多いです。
手作りの洋菓子屋さんなどで、茶色クラフト紙を利用している所が目立ちます。
シールなどを使って、とてもオリジナル感のある袋にしたりすると、手作り感があって好評です。

no.3

茶色クラフト紙を晒した晒クラフト紙

茶色クラフト紙を晒して漂白すると、この晒クラフト紙になります。
光沢がないので、プリントをしてもナチュラル感が残ります。低コストでオリジナリティーを出せます。
この紙質ですと、A4サイズの物を入れて、折り曲げて持ち歩くのも結構素敵です。

no.4

ラミネート加工をほどこしたPP加工

ラミネート加工をした紙袋がPP加工のされた紙袋です。外側が少々の雨などで濡れても安心ですし、少々重めの物を入れることができるます。
コストはかかりますが、豪華な見た目と何回も使えるということでとても人気です。

no.5

落ち着いたのマットなラミネートマットPP加工

マットPP加工とは、ツヤなしのラミネート加工をした紙袋のことです。
ツヤがない分、落ち着いた上品な感じを与える紙袋です。
ただし、ツヤがない分、色がはっきりと目立ちにくいというのがマットPP加工独特の特徴です。

広告募集中