Carrier bag

オプションの追加が可能!愛される手提げ袋を作ろう

ここもチェック!人気記事一覧

紙袋

使い勝手が抜群で持ち歩きたくなるA4サイズの紙袋

利便性が高くて人気のあるA4サイズの物が入る紙袋の特徴について、ご説明しています。
紙袋のデザインを決めるポイントや、人気の紙袋の材質についても、ご説明しています。

READ MORE
看板

納得のいく看板制作を進める為に大切なこと

宣伝効果の高い看板づくりのポイント、看板制作の流れ、看板制作の依頼方法や、看板完成までにかかる日数などのご説明をしています。どのような看板にするかについてなどは、よく看板業者のスタッフと話しをしてみるべきだと述べています。

READ MORE

オーダー紙袋の人気オプションTOP3

no.1

ツヤツヤしていて見た目も魅力的な「PP加工」

PP加工とは、紙袋にラミネート加工をすることです。この加工をすることにより、紙袋は強度が増します。
ですので、紙袋であっても、わりと長く使えます。
一番喜ばれるのは、外側が水に濡れたりしても、破れにくくなるということです。
このタイプの紙袋はラミネート加工を施されているだけあって、かなり長持ちするかもしれません。

no.2

持ち手が外れる心配がいらない「ハトメ」

ハトメとは持ち手のところを補強する丸くて軽い金属のことです。
これがあると、少し重い物を入れたり、紙袋が傷んできていても、持ち手の所から紙袋が破れたりしなくなるので、使いやすい手提げ袋になるのは頷けます。
このハトメを使っている紙袋の場合、長く使っていると、そのうち紙がいたんできて寿命を迎えるという感じになることが多いでしょう。

no.3

さりげなく目立つ「浮き出し」

浮き出しとは文字やロゴなどが、少し浮き出るように加工しているものです。
とてもさりげない加工なのですが、浮き出ていることにより、どの角度からであっても、浮き出ている文字なりロゴが見えやすくなります。
また、ただ浮き出ているだけで、とてもしゃれたイメージになる物も多いので、人気があるのもごもっとも、という感じはします。
この簡単な浮き出しだけでも、宣伝効果はかなりアップするでしょう。

手提げ袋が完成するまでの流れ

手提げ袋にする紙の質を選ぶ

手提げ袋の中に入れる物、見た目のイメージ、そして予算などによって、最適な紙質を選びましょう。
紙質によって、強度もかなり違ってきます。
また、紙袋の強度を選ぶ時には、持ち手(ハンドル)との組み合わせも考慮しなくてはいけません。
せっかく手提げ袋を作るのですから、できるだけ、コストパフォーマンスが高い物になるようにしましょう。

手提げ袋のサイズを選ぶ

場合によっては、紙袋の紙の質を選ぶよりも、サイズを先に選ぶほうがいいかもしれません。
たとえばA4は絶対に入る大きさの紙袋にしたいという場合もあるでしょう。
A4が入る手提げ袋は最も多くの人が使いやすいサイズでしょう。
逆に、もっと小さくても高品質な手提げ袋にしたいという場合もあるかもしれません。
化粧品やアクセサリーなど、贅沢感を味わいたい物を入れるということに限定した手提げ袋でしたら、小さめの物がよいでしょう。
また、最初から最適なサイズが決まっている場合もあるでしょう。

手提げ袋の色を何色で構成するかを選ぶ

手提げ袋の色を決めるということは、実は一番難しいことかもしれません。
その手提げ袋を持って歩いてくれることになるであろうターゲットの性別や年齢層をできるだけ正確に把握しておくとよいです。
もしも、多くの世代の人向けの手提げ袋を作りたいのであれば、基本的にはシンプルな色で、使う色の数が少ないほうが使いやすいになるでしょう。
たとえば、黒は服の色と反発しにくいので、オシャレなひとであっても、持ち歩きやすいです。
また、老若男女問わず使いやすいでしょう。

手提げ袋の持ち手(ハンドル)を選ぶ

持ち手(ハンドル)をそんな素材にするかによっても、手提げ袋のイメージが大きく変わります。
また、少し重い物を入れると、ハンドルによって持ち心地がかなり変わります。
ハンドルは紙袋の強度と合わせて考えるとよいでしょう。
ちなみに、最近はゴミの分別がとても複雑になっている地域もあります。
クラフト紙などのシンプルな紙袋に、やはり紙製のハンドルがついている物は、処分するのも楽でしょう。
しかし、ラミネートがついたPP加工をされているような紙袋は、普通の紙袋とは別に分別をしなければならない自治体もあるでしょう。
そのようなことを考えると、案外、紙のハンドルもおススメです。

オプションを決める

紙袋に何らかのオプションをつけるかどうか決めましょう。
オプションをつけると、ただの平凡な紙袋がオシャレな手提げ袋になりますが、コストもその分かかってしまいます。
ただし、よいデザイン、品質の物であれば、長く使ってもらえる可能性も高いです。
そうなれば、宣伝効果は長く続き、メリットもとても大きいでしょう。
お客様にお渡しする予定であれば、VIPにだけ配る手提げ袋としては、最適なのではないでしょうか。

[PR]お店の手提げ袋を作ってもらおう☆
宣伝効果アップ♪

[PR]A4の紙袋を販売している業者を紹介!
コスパ◎なアイテムをゲット☆

[PR]お手頃価格で看板制作♪
サポート・サービス充実!

[PR]会社の宣伝はポスティングがおすすめ!
メリット・デメリットをチェック

[PR]素敵な横断幕作りを!
スタッフの対応も親切☆

手提げ袋が出来上がるまでの流れを確認しておく

広告

手提げ袋や紙袋を格安価格で制作する方法

できれば、手提げ袋や紙袋は格安で制作したいところです。もちろん、できるだけ品質の良い物であったほうがよいわけです。
では、どうしたらよいかといいますと、できるだけ納期は長いほうがよいです。短納期、いわゆるお急ぎですと注文は高くなってしまいます。
更に、注文をする数は多いほうが、単価は安くなります。
予算が許すのであれば、今後も使うことがあるだろうという場合には、一度に多い枚数で制作してもらうほうがよいでしょう。
長い目で見ると、コスト的にかなりお得になります。ただし、たくさん注文をして自分の所にストックを置く場合はそのための場所が必要となりますし、品質を保持するために、ある程度の空調の管理などは必要になってくるでしょう。

看板制作を依頼する場合の費用相場

看板は、その材質や大きさなどによってかかる費用が違ってきます。もちろん、屋上など、危険が伴う場所への看板の設置は費用は高めになるでしょう。
しかし、だいたいの費用の相場はあります。たとえば、よく見る普通の立て看板であれば10,000円から、電光掲示板なら100,000円から、スタンド看板なら15,000円からなどという感じになります。
もう少し手間のかかるものとしては屋上看板ですと、80,000円から、テント看板ですと、70,000円くらいからとなります。
しかし、地域などによっても違ってくるでしょう。詳しく知りたい場合は、お見積もりをお願いしましょう。

広告募集中